File No.01 | 女川スペインタイル工房

被災した港町に独自性のある新商品を創出

みなとまちセラミカ工房

画像:被災した港町に独自性のある新商品を創出

宮城県の女川町は、町の8割を津波で失いました。陶芸サークルを主宰していた阿部鳴美さんと、サークル仲間も全員被災。立ち上がる契機となったのは、復興支援の異文化交流で知った彩り鮮やかなスペインタイルです。歴史あるスペインタイルによって、女川町に色を取り戻したい、女川独自のタイルデザインで収益を伸ばしたい、と相談が寄せられました。

支援ポイント

01 | 新デザインのコンセプト検討

阿部さんが描いたデザイン数点と、本場スペインの古典デザインのみで、種類が限られていた女川スペインタイル。ほかのスペインタイルとの差別化のため、地域性を生かした新デザインを増やすことに。新デザインのコンセプトを固めるため、女川に対する想いを挙げていきました。

  • 画像:デザイン画を検討するスタッフ

    デザイン画を検討するスタッフ

  • 画像:パソコンで下絵をレイアウトし、素焼きのタイルに転写

    パソコンで下絵をレイアウトし、素焼きのタイルに転写

02 | コンセプトに基づき新デザインを提案

「心に残る女川の風景(震災以前の思い出)」というデザインコンセプトから出てきたモチーフ素材を20点に絞り込み、多様な作風のイラストレーターを選定。4人のイラストレーターが、それをもとに、タイルのパーツデザインを提案しました。

  • 画像:デザインパーツ

    デザインパーツ

  • 画像:完成タイルデザイン

    完成タイルデザイン

03 | 販促用のコンセプトブックを制作

タイルの新デザイン提案と並行して、商品や工房を紹介するコンセプトブックも制作。全国配布を意識し、タイルを型どった独創的な形にしました。

  • 画像:

支援の着地点

デザインで競合商品と差別化を図り、販促ツールでブランド発信を行いました。
みなとまちセラミカ工房への支援詳細はこちらのPDFをご覧ください。

詳細PDF

支援先情報

事業者名
みなとまちセラミカ工房
創業
2012年
スタッフ
6人
住所
宮城県牡鹿郡女川町女川駅前シーパルピア女川E棟21
電話
0225-98-7866
FAX
0225-98-7866
URL
http://www.ceramika-onagawa.com/
営業時間
平日10:00~17:00
定休日
土・日不定休

※2016年6月現在の情報です。