File No.06 | サービス業(運送業)

観光タクシーの新しいサービスを開発

有限会社 宮城野交通

画像:観光タクシーの新しいサービスを開発

「観光タクシー」とは、一定の料金で観光地や名所などをまわる認可制のサービス。
低い稼働率の時間帯の収益を伸ばすために、この観光タクシーのサービスを活用したいと考えていた宮城野交通。「魅力的なコースを設定し、タクシー稼働率の向上を図りたい」と相談がありました。

支援ポイント

01 | 観光タクシーサービスの調査とターゲット設定

商品開発に先立ち、全国ではどんな観光タクシーがあるのかを調査。関西方面のタクシー会社では、「スイーツタクシー」や「夜景タクシー」などのコースを設定し、観光客だけでなく、地元住民の利用も増やしているということがわかりました。仙台市内の観光地だけでなく、人気のカフェや飲食店、隠れた名所などを案内するコースも検討することにしました。
一般的に稼働率の低い傾向である平日の午前から夕方にかけての時間帯新サービスを開発し、平日の昼間の利用が見込める主婦層とシニア層をメインターゲット、観光客をサブターゲットとしました。

  • 画像:新しい観光タクシー事業をプランニング

    新しい観光タクシー事業をプランニング

02 | プランニングと実証実験

メインターゲットの視点から、スイーツ店や和菓子店を巡るコース、パワースポットを巡るコースなどをプランニング。その他、お酒が飲めるメリットを活かし、宮城県の酒蔵を巡るコースなども考案しました。
その後「スムーズに案内できるコースか」「料金・所要時間は適切か」「道路状況は適切か」など実証実験を行いました。その上で料金設定の見直しを図り、無事観光タクシーコースの認可申請を行い、無事許可されました。

  • 画像:コースをチェックするプロジェクトチーム

    コースをチェックするプロジェクトチーム

03 | 親しみのあるネーミングと使いやすいウェブサイト考案

観光タクシーになじみが薄い方でも、親しみやすくわかりやすい、そして気軽に利用できるイメージ、語感なども考慮し、「ちょびタク」というブランド名に決定しました。
宮城野交通には、仙台市内のタクシー会社がもっと観光タクシーに参入し、「ちょびタク」をプラットフォームとして活用してもらいたいという思いがあったため、ロゴデザインには企業名をうち出さず、シンプルなものにしました。
申込窓口と広告媒体としての役割ウェブサイトを制作。①商品コンセプトが一目で伝わるデザイン ②誰もが閲覧しやすく ③スマートフォンなどでも使えやすいシステムに重点を置いて開発しました。またスマートフォンやタブレットにも対応したシステムを構築。誰もが使いやすいウェブサイトが完成しました。

  • 画像:気軽さを印象づけるネーミングとロゴデザイン

    気軽さを印象づけるネーミングとロゴデザイン

支援の着地点

宮城野交通の支援詳細はこちらのPDFをご覧ください。

詳細PDF

支援先情報

事業者名
有限会社 宮城野交通
住所
〒983-0038  宮城県仙台市宮城野区新田3-23-74
電話
022-788-3633
FAX
022-788-3663
URL
http://chobitaxi.com/