レポ)ブランディングについてじっくり話そう ~GRAPH北川一成プロファイル

6月26日(木)に、北川一成氏による
『ブランディングについてじっくり話そう ~GRAPH北川一成プロファイル』が開催されました。

DSCF6470

【開催概要】
■日 時:2014年6月26日(木)19:00~20:30
■会 場:公益財団法人 仙台市産業振興事業団 AER7階会議室
■講 師:グラフ株式会社 代表取締役社長 北川一成

通常のセミナーよりも、印刷業界の方やデザイナーの方の参加が多い、
50名の定員を超す超満員の講座となりました。

DSCF6498

「全てのデザインは伝えることが目的である」ということは本でも勉強ができますが、北川氏が紹介するグラフ株式会社のこれまでの歩みや実績は、ブランディングやデザインのプロフェッショナルとして常に顧客と同じ目線で向かい合っている方だから出来る、本当に分かりやすい生の事例である、という印象を受けました。

例えば、「ブランディングのことを全くわからない方に、ブランディングの大切さをどのようにお伝えしますか」という質問の際に紹介されたのが、渋谷区の講演会の際に制作されたフライヤー。フライヤーが貼られるであろう場所や、見るであろう人を想定して、フォントや文字の大きさが親しみやすいものになるように制作したそうです。なんだか面白そう、捨てないでおこう、と興味を持ってもらえることが、伝えるための最初の一歩であるという説明に、会場では笑い声が起きながらも、確かに… とうなづく姿が多く見られました。

他にも、『ひとの話を聞く』ことが、デザイナーとして成長するためにも、クリエイティブ業界でプロフェッショナルとして事業継続していくためにも、特に必要なことである、ということが、どの質問に対する回答でも示唆的な言葉として出てきました。

「捨てられない印刷物を作る」ために、<デザインを商いにしている>グラフ株式会社。
たくさんの事例紹介にもとづいた講座内容で、理論だけの講座よりも、参加者の心に届いたように思います。