レポ)ブランディングにつながる~小さな会社が勝つためのマーケティング講座 vol.3

7月3日(木)に、安部徹也先生による
『ブランディングにつながる~小さな会社が勝つためのマーケティング講座』の
最終回が開催されました。

【開催概要】
■日 時:2014年7月3日(木)19:00~20:30
■会 場:創業スクエア ルームA
■内 容:小さな企業のブランドの育て方を学ぶ
■講 師:安部徹也

DSCF6545

最終回のテーマは、「小さな企業のブランドの育て方」。

以前の講座では、小さな会社ほど、
きちんと市場分析をしてターゲットを絞ったブランドを構築する方が
効率的な顧客獲得を目指せることを学びましたが、
今回は、ブランドを育てるためには「どのように顧客を獲得しようか?」という考え方から、
「どのように顧客をファン客に育成しようか?」という考え方に転換を図る必要がある、
ということを学びました。

ブランドに対してどれだけの関心を持っているのかによって、
『顧客』はさまざまなレベルに分けられます。


①潜在顧客…ターゲットではあるが、まだ売りたい商品・サービスについて知らない顧客
②見込み客…商品・サービスについて、知ってはいるけれど購入には至っていない顧客
③新規客…お試しで、商品・サービスを購入してくれた顧客
④固定客…リピーターとして、商品・サービスを継続して購入してくれる顧客
⑤ファン客…心から商品・サービスを信頼し、購入を通して企業の成長を応援してくれる顧客

どうやったらそれぞれの顧客が次のステージに移ってくれるのかを考え、それぞれに最適な方法でアプローチすることが、ブランドを育てる秘訣となります。

例えば、見込み客の獲得なら、雑誌などのフロントエンドメディアを活用したPRを。
固定客の獲得なら、エージェント機能の強化や顧客価値の深耕を。

アプローチの具体的な手法の紹介を通して、顧客をより良く知り、信頼を築いていくための具体的な方法を、座学とグループワークを通して学びました。

DSCF6552

安部先生、ありがとうございました!