仙台市からのお知らせ)平成28年熊本地震復旧応援チャリティーセミナー

   「くまもと・良かモン・良か店 2015-2016ビジュアルレポート」

kumamotofb

平成28年4月14日に発生した熊本地震からの復旧を応援するため、チャリティーセミナーを開催します。受講料は全額、日本赤十字社を通じて被災者に義援金として寄付します。


 

■日時:5月30日(月) 13:30~15:30

■会場:AER7階(公財)仙台市産業振興事業団 (仙台市青葉区中央1-3-1AER7階)
アクセス

■内容

2011年3月12日。東日本大震災の翌日に、全国ニュースになることなく静かに開業を迎えた九州新幹線。それから5年、未だ途上とはいえ東北の復興が進む中、震災は突然熊本を襲いました。
被災地として多くの支援を受け、多くの経験を得た私たちは、そのノウハウを恩返しする時です。
今回は、震災後、一貫して産業復旧・復興、そして振興・起業を支援し続けている当事業団が、「地域に根差す企業の復活こそ被災地のいち早い再生に繋がる」とのフィロソフィーのもと、標記チャリティーセミナーを開催いたします。
昨年度、視察交流を深めた熊本城「桜の馬場城彩苑」をはじめ、上通り・下通り商店街のユニークな店舗、くまモン商品や地域産品のプレゼンテーションなど、震災前のレポートをビジュアルにて解説するとともに、震災後の「城彩苑」の最新状況もご案内。
参加各位・各企業のみなさんが、熊本へ観光に行こう!物産を買おう!というモチベーション機会となり、被災地産業を応援できれば幸いです。

※桜の馬場城彩苑とは 熊本城の歴史体験と城下町独自の食文化、ものづくりに出会うエンターテイメント施設です。
開催にあたり、常務執行役員 佐々博文氏より頂戴しましたメッセージをご紹介します。
「仙台のみなさま、ご支援ありがとうございます。熊本城は壊れたのではなく、二度の地震に持ちこたえた雄姿。しばらく行けない被災地ではなく、今しか観れない熊本があります。」
桜の馬場城彩苑 常務執行役員 佐々博文氏

※当日は、営業再開に向けた城彩苑の画像等も投影予定。
(被災地での作業環境により、変更・中止になる場合もあります)


DSCF6646DSCF1790DSCF8913DSCF3032


[講師紹介]

(公財)仙台市産業振興事業団
ビジネス開発ディレクター 大志田 典明
大志田BDD

【プロフィール】
大手百貨店にて顧客マーケティング等を担当後、マーケティング・ブランディング会社を設立。当事業団のビジネス開発ディレクターとして、ブランディング・売場改善などの支援を行っている。

(公財)仙台市産業振興事業団
ハンズオンコーディネーター 笠間 建

笠間HOC

【プロフィール】
地域シンクタンクを経て、健康福祉系会社で産学官連携による健康サービス・商品の開発営業や事業設計、企画・運営などを担当。現在は当事業団のハンズオンコーディネーター兼仙台印刷工業団地協同組合インキュベーションセンター「FLight」のマネージャーとして新規創業の支援や、マーケティング戦略策定の支援等に従事。MBA(経営管理修士(専門職))


■対象:どなたでもご参加いただけます。

■定員:40名 ※先着順

■受講料:3,000円
※受講料のほか、会場内に募金箱を設置します。皆様の暖かいご協力をお願いいたします。
※受講料全額及び、会場内での募金全額を、日本赤十字社を通じて義援金として寄付します。

[申込方法]

・下記のフォームからお申込みください。
お申し込みはこちらから

・上記以外の申込方法

申込書に必要事項をご記入のうえ、(公財)仙台市産業振興事業団あてにEメール、FAX、郵送でお送りいただくか、窓口にてお申込みください。

※申込受付から3営業日以内(土日・祝日除く)に、受講の可否をお知らせいたします。万が一、それ以上の日数が経過しても連絡が無い場合、下記お問合せ先までご一報願います。

※申込書は下記の画面からダウンロードお願いします。

【リーフレット兼申込書のダウンロード】
©2010熊本県くまモン#熊本支援

[お問合せ、お申込み先]

公益財団法人仙台市産業振興事業団
中小企業支援課 担当:玉置、赤坂
〒980-6107 仙台市青葉区中央1-3-1 AER7階
TEL: 022-724-1212022-724-1212 FAX : 022-715-8205
E-mail: shienka@siip.city.sendai.jp